公益財団法人 大阪産業局

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム

 

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムは、京都、ひょうご・神戸の各コンソーシアムとの連携により2020年7月14日、内閣府が進める「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」(注1)の「グローバル拠点都市」として選定されました。今後は、国の支援も得ながら力強いシナジー効果を発揮し、ライフサイエンス分野をはじめとする関西の強みが活かせる、世界に伍するスタートアップ・エコシステムを構築していきます。

(注1)
国が、世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステムの拠点の形成と発展をめざし、一定の集積、潜在力を有する都市において、スタートアップ・エコシステムの形成を推進する拠点形成計画を認定し、政府、民間サポーターによる支援を実施。

(詳細はコチラをご参照ください。)

 

【京阪神の連携した取組】
京阪神の強みであるバイオ・ヘルスケア・ライフサイエンス・ものづくりや情報通信の分野を中心に、都市の枠を超えてそれぞれの共通点と強みを活かした資源や支援メニューの相互活用、情報発信を進め、優れた製品・サービスをスピーディ・継続的に生み出せるエコシステムの構築をめざします。また、スマートシティへの対応や大阪・関西万博の機会の活用についても京阪神一体となって取り組みます。

(例)国際イノベーション会議Hack Osakaにおいて、京都・大阪・兵庫の民間企業や大学が参画をして、成功事例の創出を行うことを検討

 

【大阪の取組】
大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアムにおいて、構成メンバーが一体となって、拠点形成計画の実現に向けた取組みを進めます。具体的には、人材、技術やアイデア、資金など、イノベーションを生み出す資源が集積するうめきたエリアを深化させ、大企業、大学、行政などの連携により、2025年大阪・関西万博の開催やスマートシティ実現に向けて、グローバルに活躍できるスタートアップを輩出していきます。

(具体的取組事例)
各種アクセラレーションプログラム、グローバルピッチイベント、人材育成・流動化、海外スタートアップの誘致、万博で活躍するスタートアップの創出支援 等

 

【コンソーシアムこれまでの取組】

2019年10月31日  大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム設立総会

2019年12月11日  第一回実務者会議開催

2020年2月13日     第二回実務者会議開催

2020年2月17日  内閣府公募「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」に対し、拠点都市計画を京阪神コンソーシアムとして提出

2020年7月14日  内閣府より京阪神コンソーシアムが「グローバル拠点都市」として選定

2020年10月2日  第三回実務者会議開催

 

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム設立趣意書

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム設置要綱

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム構成員名簿(2020年9月14日現在)

・ コンソーシアム入会案内

(1)入会申込書

(2)質問票

(3)スタートアップ支援メニューカルテ(日英)

 

大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム

CONTACT/お問い合わせ

公益財団法人大阪産業局 国際事業部 スタートアップ・エコシステム担当
s-upeco-info@obda.or.jp

Copyright OSAKA BUSINESS DEVELOPMENT AGENCY all rights reserved.